ハイゼットパネルバンベースの軽キャンパー「バグトラック・パネルバン・ロックライダー」の内装はまるで山小屋みたい!

  • URLをコピーしました!
目次

新発想のパネルバン軽キャンピングカー

軽キャンパーにもジャンルがありますが、大きく分けると、「軽バンコン」と「軽キャブコン」の2種類が代表的なものです。

バンベースの「軽バンコン」は、スズキのエブリイやダイハツのアトレー/ハイゼットをベースに内装だけをカスタマイズします。モデルによって色々なパターンがありますが、基本的には純正のセカンドシートは生かしたままに車中泊時にはベッドが組めるようになっています。

「軽キャブコン」は、軽トラックをベースに居住空間となるシェル部分を架装します。このシェルはFRPであったりパネル構造だったりします。スペースの限られたバンコンに比べて空間に余裕があるため、オリジナルのベッドに変身するソファが備わっていたり、キャンピングカー専用のレボシートやFASPシートを備えていることもあります。

今回紹介するカーファクトリー ターボーが製作する「バグトラック・パネルバン」は、そのどちらにも属さないと言えるモデルです。ベース車は、配達などのビジネスユースで使うハイゼットトラックのパネルバンです。

内装はまるで山小屋のよう。スタイリッシュです。

家具にも工夫を凝らす

ウッドを多用した室内は、良い意味で無骨な印象。 これまでの軽キャンパーとは一線を画す、バンライフな仕上げになっています。

スノコのようなベンチは、就寝時にはベッドとして使えます。そのままでは固くて寝られないので、シュラフや毛布を使って工夫して寝ることになります。なんだかワクワクしてきませんか?

ベンチの片側は折りたたんで右側の壁面に収納しておくこともできます。こうすることで、フロアを広く使えます。フロア全面をスノコベッドにしたいときには、このベンチをフロアに置いて展開します。

冒険的な車中泊の旅に出かけたくなりますよね。

壁面もウッディな仕上げ

バグトラック・パネルバンのベースはその名の通りパネルバンですから、壁面は鉄板です。そのため、シェル部分はフロアだけでなく、壁面や天井部分にもウッドが張り込まれています。

天然木の風合いが美しく、癒やされます。またファブリックでの仕上げに比べればウッドの張り込みはスペースをスポイルしないため、空間的な余裕があるのもメリットです。

ほかの軽キャンパーとは一線を画すエクステリア

このモデルは、正確な名称は「バグトラック・パネルバン・ロックライダー」です。ベースのパネルバン・トラックのフェイスを、オールドアメリカン風味にコンバートしてあります。

このフェイスは、軽自動車のエクステリアカスタムの雄であるブローの「ロックライダー」仕様。コーチビルダーのカーファクトリー ターボーとブローのコラボによって実現しています。

パネル部分のエクステリアもオリジナルペイントで仕上げ。文句なしに「格好いい」と言えるスタイルです。

また、室内に入る際の利便性をアップさせるためにステップを装着していますが、これがブラックの縞鋼板。冒険心がくすぐられます。

家具もキッチリと仕上げ

室内左側には、収納スペースとしてキャビネットが装備されています。アウトドアグッズやポータブル電源を収納するのに最適なスペース。室内のイメージとの調和を乱さないため、このキャビネットも天然木で仕上げられています。

キャビネットの上部はフラットになっているので、カウンターとして機能します。特にシンクなどは設けられていませんが、簡単な調理ならこのカウンターで可能です。

夏も冬も快適なアクリル2重窓

ベースはパネルバンですから、もともと窓がありません。そのため、このモデルはリヤにアクリル2重窓を備えています。

このウインドウはキャンピングカー専用のもので、多段階に開けて換気をすることができます。また、シェードやモスキートネットも内蔵されているため、使い勝手もすこぶる良いものです。

さらなるカスタマイズも可能

荷物が多くなるガチなユーザーであれば、ルーフキャリアの装着も可能です。また、テールランプにガーニッシュを装着するといったドレスアップもできます。オンリーワンの1台に仕上げられますね。

人とは違う軽キャンパーが欲しい、そんなユーザーは一考の価値があるモデルです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次